ダムダム通信WSの最近のブログ記事

ワークショップの生徒たちで作りました。
「俺達もう終わっちゃったのかなぁ?」
「バカヤロー、まだ始まっちゃいねぇよ」




【ルール1】有名な映画のセリフを入れること
【ルール2】映画情報サイト「キネプレ」の表紙を飾った女優の魅力を引き出すこと
【ルール3】映画館を応援すること

関西の映画ワークショップ『ダムダム通信WS』と、
関西の映画情報サイト『キネプレ』が、
ショートムービーでコラボレーション!

今も映画館には夢やロマンや不思議がいっぱい!


■映画館へ行こう!■

企画:西尾孔志(ダムダム通信) 森田和幸(キネプレ)

タイトルアニメ:寺田めぐみ


vol.1 『女優たるもの』

引用台詞
「俺達もう終わっちゃったのかなぁ?」
「バカヤロー、まだ始まっちゃいねぇよ」
(映画『キッズ・リターン』より)

監督:髙木駿一
主演:佐々木嘉子
脚本:山口文秀

共演:益山貴司(劇団子供鉅人)ほか

撮影:金子智明
録音:佐薙龍二
助監督:安川有果
制作:磯部鉄平

サックス演奏:前田 実

編集:髙木駿一・西尾孔志


キネプレ
http://www.cinepre.biz/
大阪市の施設に講師でお招き受けました。
「タイトルどうします?」と聞かれ、悪ノリでこんな題を付けました(笑)
でも、悪ノリじゃない話をします。
お越し下さい。
終わったら飲みましょう。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

芸創ゼミvol.56
 『入選する映画、落選する映画』



映画監督で、元・映画祭ディレクターでもある西尾孔志氏が、今、国内で多数ある映画祭に入選する映画とはどんな映画か?注目を集める映画はどんな映画か?考えるヒントをお話しします。


■日時:10月14日(日)17:30~19:00
(受付・開場は17:15~)

■講師:西尾孔志(映画監督)

■料金:1,000円

■HP:http://www.artcomplex.net/art-space/

■ご予約・お問い合わせ:大阪市立芸術創造館 
電話予約:06-6995-1066(受付時間:10時~22時)
【定員】30名(要予約)

■会場:芸術創造館演劇練習室大(3階)
地図http://www.artcomplex.net/art-space/map.html

京都太秦のUZUで
シナリオ勉強会を開催。

写真-1.JPG

写真.JPG

参加者が20人も集まり、なかなかの活気だった。皆さんに感謝!

某有名シナリオ賞を取った作品を徹底的に研究し、
最後にチームに分かれてスピンオフ企画を発表して貰った。
主宰の僕もかなりの手応え。
またやりたい!てかやる!

映画ワークショップ番外編

【有名脚本賞の受賞作を2日間かけて分析するシナリオ勉強会】


 

《シナリオを書くのは孤独な作業だ。

 撮影現場には仲間がいるけど、シナリオは一人の戦いだ。

 夜にシナリオを書いていて、ふと思う。

 「みんなシナリオってどんな風に書いてるんだろう?」

 文学の脳ミソで書くのも違う気がするし、

 演出の脳ミソで書くのも違う気がする。

 あー、映画論はいっぱい友達と話すのに、

 シナリオの話を誰かとしたい!!

 あーそんな会やったら、誰か来るかなぁ?》


 

▶有名脚本家のシナリオを2日間かけて、

参加者全員でじっくり話し合いながら分析する勉強会を開きます。

映像を見たり、ディスカッションしたりしながら、

プロの技を学び、盗みます。

夏の終わりに合宿のつもりで、丸々2日間、

大勢とじっくり勉強しませんか?

濃密な2日間が終わると、

シナリオの悩みを話し合える仲間も出来ると思います。

 

内容:有名脚本賞の受賞作を2日間かけて分析するシナリオ勉強会

主宰:西尾孔志

   (映画監督。関西の大学や専門学校で講師を務める。

    「教材等は用意しますが、一緒に学びたいと思います!」)

日時:

 91日(土)・2日(日)

 朝11時〜夜8時頃(途中何度も休憩あり)

場所:

 京都太秦クリエーター支援拠点 UZU

 (http://www.uzu-creator.com/) 

必要な物:筆記用具

参加費:2日で3,000円(飲み物・お菓子付)

    流れがありますので2日間連続参加して頂く方が良いのですが、

    どうしても1日だけ参加希望の方はご相談下さい。何か対処します。

申し込み:氏名、連絡先を明記の上、

     damdamtuushin@hotmail.com(主宰・西尾)

     までお申し込み下さい。