西尾孔志

20111102『とまる。』の寄稿3 イズムプロデュース『ルルドの森』市川タロ『どこか、いつか、だれか』KIKIKIKIKIKI『ぼく』

| コメント(0) | トラックバック(0)

厳しさを獲得するために何をすべきか

 

演劇が面白い。とは思いつつ、5月から7月は多忙であまり関西の演劇を観ていない。その代わりと言っては何だが、2つの舞台演出家の鼎談USTREAM(ネット放送)を企画した。一つは宮沢章夫(遊園地再生事業団)+上田誠(ヨーロッパ企画)+杉原邦生(KUNIO)。もう一つは筒井潤(dracom)+笠井友仁(Hmpシアターカンパニー)+伊藤拓(France_pan)。笑いを交えつつ、前組は演劇へのスタンスから震災以後の表現について、後組は大阪の演劇の低空飛行に対する嘆きが語られた。後組はネット上で録画を見る事が出来るので興味あればコチラを(http://www.ustream.tv/recorded/15481717)。■その大阪で演劇を続けるバンタムクラスステージの細川博司が作・演出を手がけたイズムプロデュース『ルルドの森』は、沢山の登場人物と複雑な物語を、巧みな空間処理と光と闇のコントラストでスピーディに捌いてみせ、加えてヒロインのキャスティングが物語の意外性へと繋がる「仕掛け」の面白さに感心した。ヒロイン以外のキャスティングも悪くはないが、役者次第でもっと高いステージに行ける気がするのに惜しい。(それは前作「ジャック・モーメント」でも思った)■本誌を主催する高田斉が企画した市川タロ(西一風)作・演出による『どこか、いつか、だれか』は、京都のアトリエ劇研が始めた「オルタナアート・セレクション」の第一弾。若い市川タロと役者たちの実験精神はどう育つか楽しみではあるが、即物性、身体性への意識の決定的な甘さを本人たちがどう思っているのかが気になる。「表現における厳しさ」(それは社会派や人生主義とは違う)をどう獲得するか?それが市川とこの企画の大きな課題だ。■関西で活動する劇団の主催者や看板俳優など男性6名を集めた、きたまり演出・振付のKIKIKIKIKIKI『ぼく』は、もし関東でこれを上演したら今更の感で迎えられるのではないか。もっと先まで行ける可能性だけを感じつつ「程よい」ところで終わってしまっている。これも「厳しさ」の獲得の失敗を感じた。しかし今「ぼくはこれくらいの事しか出来ない」という男性達の自信なさげなパフォーマンスを見ていると、震災以後の過度に「何かしなければ」という風潮に対する正しい批評(そして祈り)となっていて、胸が熱くなったのも事実だ。■関東からは、ままごと『わが星』、小林賢太郎ソロプロジェクトLIVE POTSUNENTHE SPOT』、飴屋法水演出『おもいのまま』など、どれも表現者としての鬼気迫る瞬間があり、戦慄を覚えた。

 

ベスト 「ルルドの森」の細川博司の作・演出に

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.damdamtuushin.com/mt-tb.cgi/130

コメントする