2011年8月アーカイブ

ワークショップフェスティバル【300ドアーズ】が終了した。

300doors_banner_300_300_yb.jpg

25日間、300種類以上のワークショップが1回500円で受けられ、
ゲストも二階堂和美さん、ままごとの柴幸男さん、明和電気の土佐信道、
山崎亮さん、ヨーロッパ企画などなどなど、
運営的には気が狂ってるとしか思えないイベントである。

そのUST班として25日間、朝から夜まで狂気につき合ったわけで、
肉体的にはヘロヘロとなったが、
いくつか心に残った講座があった。

例えば一つはスーパーレスキュウウェアの祷さんによる「ストリートブランドを立ち上げよ」

たった一人で14年間も店をやってきたという経験に基づく熱い講座。

いかに「コンセプト」というものが大事で、それを守らないとただの「セレクトショップ」でしかないという祷さんの持論は今の僕に響いた。

例えばもう一つは岸井大輔さんの「どんな会議でも使えるインスタント司会術」

司会とは「その場で、その人たちがいるおかげで、一番やりたいことができる人」という岸井さんの司会の定義は、そのまま色々な場に当てはまる。
その場で、そこにいる人たちから、やりたい事を発見するのだ。

映画から遠く離れた1ヶ月。
悪い回り道じゃなかった。
3ヶ月ぶりに再開します(笑)

最近の近況ですが、


「見巧者(みごうしゃ)」という大阪のアーティスト情報サイトで記事書いたり、

sno_banner_001.png
「ソーシャルネットワーク大阪」という大阪のユーストリーム(インターネットの放送局)で番組を作ったりしてます。

まぁ、組織の中で自分の面白さをどう出すか、実験中です。



で、とある原作物の映画化が進行中です。

それはもうちょっとしたら発表します。

とりあえず生きてます(笑)