西尾孔志

20110202京都造形芸術大学 映画学科合評会

| トラックバック(0)

1月23日/30日

京都造形芸術大学 映画学科合評会


今年も1月はゼミ生たちのケツを叩いて、なんとか合評会に間に合った。

西尾ゼミは2本。どちらも初めて映画を撮った喜びに溢れる佳作。

村部遼監督『ナチョフ同志』はとっても素直な青春ファンタジー。ラストの可愛らしい1シーン1カットは、技術こそまだまだだけど、しっかり感情がこもってて泣きそうになった。実際、合評会に参加していた学生数名からも「泣いた」という感想を貰った。

もう1本の坂井圭絵監督『ラブホテル』も70年代の日本映画のような屈託した青春映画で、編集が少し長いのが難点だが(これから映画祭応募に向け、切るらしい)、これも良かった。

上映後のベンチで、学科長の林海象監督と教授の東陽一監督が、両作品のシナリオを手がけた坂井圭絵をかなり褒めて下さった。良かったな〜坂井!


去年のゼミ生だった柴田有磨も格段のスキルアップを見せてくれて、なんだか嬉しい合評会となった。いやぁ、1年間京都まで通って良かったと思ったわ。


ちなみに今年も西尾ゼミの2作品は、京都三条アートコンプレックス1928で上映会を開く予定です。3月最終週の予定。またここで告知します!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.damdamtuushin.com/mt-tb.cgi/104